ゲーム性能とともにGPUクーラーが大幅パワーアップ! GIGABYTE「GV-N307TGAMING OC-8GD」ではじめる快適ゲーミング

文●藤田 忠 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ゲーミングパフォーマンスをチェック

 ここからはRyzen 7 5800XやGIGABYTEの最新マザーボード「X570S AORUS MASTER」などで構成したPCに、GV-N307TGAMING OC-8GDを搭載。その実力を見ていこう。

Resizable BARをEnabledに設定。「Settings」「IO Ports」にある「Re-Size BAR Support」を「Auto」に変更するだけだ

チップセットファンがなくなった「X570S AORUS MASTER」。各部のパワーアップとともになかなか魅力ある仕様になっている。詳細はレビューをチェック

メモリーとNVMe M.2 SSDもGIGABYTEで固めている

CPUは8コア/16スレッドCPUのRyzen 7 5800Xだ

「HWiNFO64 Pro」のシステムサマリー。マザーボードのBIOSバージョンは「F1」で、メモリークロックはDDR4-3333(1666.8MHz CL18-20-20)で動作

テスト環境
CPU AMD「Ryzen 7 5800X」
(8コア/16スレッド、3.7~4.8GHz)
CPUクーラー NZXT「KRAKEN Z63」
(簡易水冷、280mmラジエーター)
マザーボード GIGABYTE「X570S AORUS MASTER」
(AMD X570、ATX)
メモリー GIGABYTE「GP-ARS16G33」
(DDR4-3333、16GB×2)
ビデオカード GIGABYTE「GeForce RTX 3070 Ti GAMING OC 8G」
(GeForce RTX 3070 Ti、GDDR6X 8GB)
SSD GIGABYTE「GP-AG70S1TB」
(NVMe PCIe4.0×4、M.2 SSD、1TB)
電源ユニット Cooler Master「V850 GOLD V2 850W」
(80PLUS GOLD、850W)
OS Microsoft「Windows 10 Home」64bit

 GV-N307TGAMING OC-8GDはGPUクーラーカバー部のGIGABYTEロゴが発光。「GIGABYTE RGB Fusion」を使うことで、LEDカラーやパターンをカスタマイズできるので、軽く見てみよう。

「GIGABYTE RGB Fusion」。今回のテスト環境はマザーボード、メモリーともにGIGABYTEなのでスムーズに認識

好みのカラーや発光パターンに設定でき、GPUコア温度に合わせるといったこともできる

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月