前へ 1 2 次へ

日本の夏、水冷の夏 PCの熱はXPGの水冷クーラー「LEVANTE 240」で冷やす! 性能も確認

文● 鈴木雅暢 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ケースファンの増強で顕著な冷却効果

 前面のケースファンを標準の1個の状態(VENTO 120)から、より高性能な製品(VENTO PRO 120 PWM)の3連仕様にするとどのくらい冷えるのか、こちらも交換前と交換後で温度の違いを見てみる。

 テストツールとしては、こちらもAIDA64 Extremeを利用。室温は25度、PCケースのサイドカバーは閉じて測定している。CPUとメモリに負荷をかけるテストとは別に、SSDに負荷をかけるテストも行なっている。

 まず先程と同じくCPU/メモリストレステストの結果だが、CPU温度が3度下がったほか、チップセットが3度、GPUが4度、そしてSSDも5.6度下がった。冷却効果は抜群といえる。

AIDA64 ExtremeのCPU/メモリストレステストのグラフ(3連ファンに交換後)。テスト条件はさきほどと同じ(室温25度)

 SSDに強い負荷を連続してかけるSSDストレステストではさらにハッキリした効果が出た。通常のケースファンの場合はSSD温度が最大74度まで上昇したのに対し、3連のVENTO PRO 120 PWMに交換後は最大66度と8度も下がった。やはり交換の効果はハッキリと出ている。

AIDA64 ExtremeのSSDストレステストのグラフ(標準ファン)。SSD温度は最大74度まで上昇した

AIDA64 ExtremeのSSDストレステストのグラフ(3連ファン)。SSD温度は最大66度、他の温度も軒並み低く、冷却効果はてきめんだ

アドレッサブルRGBで光る120mmファンも
「XPG VENTO 120 ARGB」

 XPGのケースファン「VENTOシリーズ」のラインナップには、アドレッサブルRGBで光る12cmファン「VENTO 120 ARGB」もある。ファンとしてのスペック的には通常の「VENTO 120」と共通で、1200rpm固定で3ピンコネクターで接続する仕様だ。ファンを強化するついでにアドレッサブルRGBのライトアップ効果も加えてグレードアップすることができる。

VENTO 120 ARGBは、VENTO 120の光るバージョン。実売価格は1600円前後

ファンとしての性能はVENTO 120と同じ。3基搭載することで冷却強化しつつ、アドレッサブルRGBの美しい発光が楽しめる

Amazon.co.jpへのリンク

水冷クーラーや強力ケースファンで熱い夏を乗り切ろう

 これまで見てきたように、水冷クーラーの導入(XPG LEVANTE 240)、PCケースファン(XPG VENTO PRO 120 PWM)の3連実装とも冷却効果は上々だった。

 冒頭でも述べたように、PCを構成する部品は総じて熱に弱い。サーマルスロットリングなど保護機能もあるため、多少冷却不足であってもすぐに故障することはまれだが、サーマルスロットリングが発生すれば性能が落ちるし、パーツの寿命は確実に短くなる。特に日本においては、年々夏の暑さは増す一方だけに、環境によっては冷却不足になりやすくなっている。

 XPGのLEVANTE 240ならば、扱いやすいサイズで価格もリーズナブルで導入しやすく、アドレッサブルRGBのライトアップも同時に実現できるため、自作PCの強化には非常に有効だろう。あわせてケースファンの強化も実施してシステムのエアフローも強化すれば、さらに万全になる。

 特に、今回試したXPG VENTO PRO 120 PWMはPCケースのエアフロー強化には最適な特性を持っている。吸気や排気の追加ファンとして導入したり、ホコリがたまった古いケースファンから交換するだけでもかなりの効果があると思われる。本格的な夏が来る前に対策を検討してみてはいかがだろうか。

 

(提供:エイデータテクノロジージャパン)

 

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2020年
06月
07月
08月
09月
12月
2019年
03月
04月
05月
06月
10月
12月
2018年
05月
06月
08月
2017年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
09月
11月
2016年
01月
04月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2015年
07月
08月
2014年
04月
06月
07月
2013年
02月
03月
06月
2012年
09月
2010年
01月
2003年
07月