横浜のホテルが手を組んだぞ! 宿泊プラン「みなとみらい三銃士」5月21日からスタート

文●横浜LOVEWalker

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル」「横浜ロイヤルパークホテル」「横浜ベイホテル東急」は5月21日より、共同企画として 「みなとみらい三銃士 宿泊プラン ~泊まって×遊んで×お買い物~」を開催する。

 コロナ期のニーズにあわせて近場の旅行先として、またステイケーションにも最適なエリアである横浜・みなとみらいの新たな魅力を発見できる充実のプランを提供。2000年と2013年に販売し好評を博した「横浜三銃士」プランを復活させたもので、当時はライバル同士が手を組んで実施するホテル業界初の試みとして話題となった。

 内容も新たに再発売する宿泊プランでは、オリジナル版同様、宿泊時の朝食場所は3ホテル内の 指定レストランより自由に選ぶことができる。また、「ランドマークプラザ・クイーンズタワーA」「みなとみらい 東急スクエア」「MARK IS みなとみらい(マークイズみなとみらい)」の3商業施設も特別参画し、施設共通で利用可能な2000円分のお買物券付き。

 さらに4月22日に開業したロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」の乗車券も加わり、最新のみなとみらいを楽しめる。

 宿泊期間は5月21日~7月10日。1泊朝食付き(1室2名)で、先着150組(各ホテル50組)。料金は1万3500円から(1室2名利用時の1名料金。税金・サービス料含む。日程により料金が異なる)。

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。
またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。