このページの本文へ

輪番停電が常態化する南ア、再エネ独自調達に動くケープタウン

2021年05月02日 12時21分更新

文● Joseph Dana

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

南アフリカでは国営電力会社の設備老朽化により輪番停電が常態化している。ケープタウンなどのいくつかの都市は、再生可能エネルギー技術の進歩を追い風に、独自の電力供給体制を確立しようとしている。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ