前へ 1 2 次へ

5LサイズのミニPCでCore i9&グラボ追加可のハイパワー! テレワークからゲームまで使える「XPG GAIA Mini PC」

文● 鈴木雅暢 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

パワフルなマルチスレッド性能、グラボ増設で強烈パワーアップ!

 ベンチマークテストで性能を確認しよう。GPUを利用しないCINEBENCH R23以外は、標準の状態とGeForce RTX 2060 SUPER(8GB)搭載カードを増設した状態でもテストした。

 CINEBENCH R23のCPUスコアは8642pt。最新のモバイルノートPCで採用例の多いCore i7-1165G7(開発コードネーム=Tiger Lake-U)搭載機ではだいたい5000pts前後であることを考えると1.7倍前後のスコアだ。8コア16スレッドCPUの性能をしっかり発揮できている。

CINEBENCH R23のCPUスコアではCore i7-1165G7(Tiger Lake-U)搭載機の1.7倍くらいのスコアだ

 標準ではグラフィックス機能にCPU内蔵GPU(Intel UHD Graphics 630)を利用するため3D描画性能はさすがに低く、正直ゲームに適しているとは言いがたい。ただ、この状態でもLightroom ClassicのRAW現像、Premiere Proでの動画編集などもサクサクできる。テレワークでの日常的な作業はもちろん、クリエイティブ作業が含むケースでも文句なしの性能だろう。

PCMark 10のスコア。標準でも優秀だが、ビデオカード装着時はクリエイティブ系のDigital Content Creationのスコアが大きく上がった

3DMark/Fire Strikeのスコア(標準)。Intel UHD Graphics 630だけにAAAタイトルのプレイは厳しい。また標準ではTime SpyやPort Royalは実行できなかった

 ここにビデオカードを増設すると、3D描画性能は格段に伸びる。FINAL FANTASY XIV:漆黒のヴィランズベンチマークでは4K解像度の最高品質でも「とても快適」評価だ。

3DMark/Fire Strikeのスコア(ビデオカード装着時)。BattleField Vの1440p、Ultra設定で70FPS以上と推定されるスコア

3DMark/Port Royalのスコア(ビデオカード装着時)。DXR(DirectX Raytracing)対応テストでも優秀なスコア。美麗でリアルなグラフィックスを快適に堪能できる

Premiere Proでは4Kクリップ7本をエフェクトでつないでBGMを付けた約3分のプロジェクトをH.264で出力した。Lightroom Classicでは4240万画素のRAWデータ100枚に現像パラメータを設定してJPEG(品質80)で出力。それぞれかかった時間を計測した。上段の青が標準構成、下段のオレンジがグラボ装着時

標準構成でのFINAL FANTASY XIV:漆黒のヴィランズベンチマークのスコア(1920×1080、標準品質)

ビデオカード増設時のFINAL FANTASY XIV:漆黒のヴィランズベンチマークのスコア(1920×1080、標準品質)

ビデオカード増設時のFINAL FANTASY XIV:漆黒のヴィランズベンチマークのスコア(3840×2160、最高品質)

 レインボーシックスシージでは、最低フレームレートが280fps超え、高リフレッシュレートのディスプレイと組み合わせれば240Hz張りつきプレイが可能なレベルになった。

ビデオカード増設時のレインボーシックス シージ(1920×1080ドット、画質:低)のスコア

 描画負荷が高いFarCry NewDawnでもフルHDの最高品質でらくらくと最低80fps以上をクリアした。最新のヘビー級タイトルも余裕でプレイできるだろう。

ビデオカード増設時のFarCry NewDawn(1920×1080ドット、画質:最高)のスコア

自宅での長時間利用を考えると省電力、静音性も大きな魅力

 高性能な小型PCやゲーミングノートPCでは動作音が気になることもあるが、本製品はいたって静か。アイドル時でも動作していることがわかる程度の音はするが、高負荷時でもあまり大きくなることはない。

 さすがにビデオカードを搭載する場合はその冷却設計に左右される部分はあるが、サイドがメッシュパネルになっていることもあってビデオカード装着時でもエアフロー効率は良好。ゲームベンチマークを実行している間も十分静音といえるレベルの音にとどまり、快適に利用できた。

 また、CPUとメモリーなどにノートPC向けのパーツを多用していることもあって、省電力性にも優れている。

システム全体の消費電力。高負荷時は、FINAL FANTASY XIV:漆黒のヴィランズベンチマーク中の最高電力(標準構成時はフルHD・標準、ビデオカード装着時は4K・最高)

在宅時間のPCライフをグッと豊かにするコンパクト機

 XPG GAIA Mini PCの魅力を改めておさらいしてみよう。まずはIntel NUCベースのコンパクトでクールなデザインの筐体ながら8コアの高性能CPUを搭載し、メモリーやストレージ容量の余裕がある基本仕様。そして豊富なインターフェース。Thunderbolt 3やSDメモリカードリーダーの標準装備はクリエイティブにも便利だ。

 さらにM.2 SSDやビデオカードを拡張する余地があること。特にビデオカードの性能はゲーム体験に直結するだけにゲーム用途ならばぜひとも自分の好きなボードを追加して使いたいところ。ベアボーンがベースなので、小型でも内部へのアクセスが容易で、増設や交換を自分でしやすいようになっているのもうれしい。

 新型コロナウイルスの影響で在宅時間が増え、テレワーク、オンライン学習だけでなく、娯楽のオンライン化も進み、私的な時間においても家庭でPCを利用する機会も増えている。性能の良いPCがあれば在宅時間が確実に豊かに過ごすことができる。

 そうした視点で考えてみると、性能が良いことに加えて、コンパクトで場所をとらず、動作音が静かで、省電力で長時間利用でも電気代がかさまないGAIA Mini PCのメリットは大きい。ビジネスだけでなく、クリエイティブやゲームも快適に楽しめる新しいPCの導入を考えている方は、XPG GAIA mini PCを検討してみてはいかがだろうか。

Amazon.co.jpへのリンク(Core i9モデル)
  Amazon.co.jpへのリンク(Core i7モデル)

 

(提供:エイデータテクノロジージャパン)

 

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
2020年
06月
07月
08月
09月
12月
2019年
03月
04月
05月
06月
10月
12月
2018年
05月
06月
08月
2017年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
09月
11月
2016年
01月
04月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2015年
07月
08月
2014年
04月
06月
07月
2013年
02月
03月
06月
2012年
09月
2010年
01月
2003年
07月