GIGABYTE、Z590/B560チップセット搭載AORUSマザーボード新製品5モデルおよび SSD 2製品を発売

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GIGABYTEは3月15日、AORUSマザーボードシリーズより、Z590およびB560チップセット搭載の新製品5モデルを発表した。3月19より発売する。またSSD新製品2モデルも発売する。

 「Z590 AORUS TACHYON」はシールド強化メモリー配線などのOCに特化した特別仕様マザーボード。Smart Power Stage 12+1 フェーズ・デジタル電源設計やOC仕様の大型ヒートシンク、ALC1220+WIMA 高音質オーディオ、3連M.2スロット(全M.2Thermal Guard付き)などを備え、2.5GbE有線LANとWi-Fi 6E対応無線LANを搭載。実売価格7万2000円前後の見込み(数量限定)。

 「Z590 AORUS XTREME」はゲーミング向け独自機能を備えたAORUS E-ATXの最上位モデル。 Smart Power Stage 20+1フェーズ・デジタル電源設計やFins-Array IIヒートシンク、3連M.2 スロット(全M.2Thermal Guard付き)。背面にはThunderbolt 4用2連USB Type-Cポート、2.5GbE有線LANやWi-Fi 6E対応無線LAN、シールド強化メモリー配線を備える。実売価格10万9000円前後の見込み。

 「Z590I AORUS ULTRA」はHDMI 2.0を備えるMini-ITX サイズの小型高性能ゲーミングマザーボード。Smart Power Stage 10+1フェーズ・デジタル電源設計やFins-Array II ヒートシンク、2連M.2スロット(M.2 Thermal Guard付き×1)、2.5GbE対応有線LANやWi-Fi 6対応無線LAN、シールド強化メモリー配線など備える。実売価格は3万9000円前後の見込み。

 「B560 AORUS PRO AX」はB560搭載ATXマザーボードとしては最上位モデルとなる。DrMOS 12+1フェーズ・デジタル電源設計や大型ヒートシンク、3連M.2 スロット(M.2 Thermal Guard付き×2)、Ultra Durable PCIeアーマーや2.5GbE 有線LAN、Wi-Fi 6対応無線LANを備える。実売価格2万5000円前後の見込み。

 「B560M AORUS ELITE」はゲーミング向けのAORUS MicroATXマザーボード。12+1フェーズ・デジタル電源設計や大型ヒートシンク、2連M.2スロット(M.2 Thermal Guard付き×1)、2.5GbE有線 LANなどを備える。実売価格1万8000円前後の見込み。

 SSD製品には2TBの「AORUS Gen4 7000s SSD 2TB」(5万8000円前後の見込み)と1TBの「AORUS Gen4 7000s SSD 1TB」(2万9000円前後の見込み)がラインアップ。第2世代PCIe 4.0 x4コントローラであるPS5018-E18と、3D TLC NAND Flash の組み合わせにより、最大7000MB/s のシーケンシャル・リードと最大6850MB/s (1TBモデルは5500MB/s)のシーケンシャル・ライトを実現。

 

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月