このページの本文へ

iPhoneのスゴワザ! 第193回

iPhoneのLEDフラッシュをカメラ以外で活用する方法

2021年03月22日 10時00分更新

文● 金子麟太郎 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhoneの背面カメラ付近に配置されているLEDフラッシュは、写真撮影時以外にも利用できます。着信や各アプリの通知が届いた際にLEDフラッシュを点滅させる方法があります。

 デフォルトではオフになっていますが、「設定」→「アクセシビリティ」→「オーディオ/ビジュアル」の順に画面を操作し、「LEDフラッシュ通知」という項目の右側にあるスイッチをタップすることでオンに切り替えることができます。

 なお、LEDフラッシュ通知はiPhoneがロックされている場合にだけ機能します。また、「LEDフラッシュ通知」をオンにしたうえで「消音時に点滅」をオンにした場合、音の代わりにLEDフラッシュが光ります。

 このように、LEDフラッシュ通知を有効にしておけば、通知を視覚的に把握しやすくなるため、iPhoneがロックされていたり消音になっている状態でも、大事な通知を見逃してしまった……なんてことを防いでくれます。

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中