このページの本文へ

iPhoneのスゴワザ! 第190回

iPhoneの電話着信を以前のように全画面表示にするテク

2021年03月10日 10時00分更新

文● 金子麟太郎 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhoneの最新OSであるiOS 14では、着信時のUIが変更されました。これまでのは、着信時に画面の表示が自動で切り替わり、電話に出るか否かを選択できる仕様でした。

 iOS 14以降では、画面全体にそのような選択項目が表示されなくなり、画面の上部にバナーとして着信を通知する仕様になりました。着信時に作業中の内容を中断せずに済むのがメリットです。

 一方で、画面の大きなiPhoneを使っている人にとっては、デメリットといえます。なぜなら、片手が塞がっているときに、画面の上までもう片方の指が届かず、電話に出づらいからです。

 実はiOS 14以降のiPhoneでも、旧バージョンのようなUIに切り替えることが可能です。

 手順としてはまず「設定」から「電話」の順にタップ。次に「着信」という項目を選択し、デフォルトでチェックが入っている「バナー」ではなく、「フルスクリーン」という項目をタップしてチェックを入れます。

 ちなみに、どちらのチェック項目もiPhoneのロックを解除している場合にのみ適用できます。画面消灯時は、どちらの項目にチェックを入れたとしても、フルスクリーン表示になります。

 画面が大きいiPhoneを買ったけど、電話に出づらくなった……という人は、ぜひ今回紹介した手順に従って、着信時の画面表示の設定項目を見直してみましょう。

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中