このページの本文へ

iPhoneのスゴワザ! 第168回

iOS 14の翻訳アプリを効果的に使う方法

2020年11月18日 10時00分更新

文● 金子麟太郎 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回もiOS 14で追加された「翻訳アプリ」の使い方について紹介します。

 翻訳アプリは、11言語間での機械翻訳ができる無料アプリ。オンライン/オフライン翻訳や、辞書などの機能を利用できます。

 この記事では辞書機能について紹介します。翻訳した後に、翻訳結果の下に表示される「本のようなマーク(翻訳)」をタップすると、単語のアクセントや意味を調べることが可能です。

 また、文章を翻訳した場合、辞書で調べたい言葉を選ぶこともできます。たとえば、下の画面では「Let's use the dictionary」と表示されていますが、自動的に選択される「Let's」ではなく、「dictionary」のみ選択して調べることも可能です。

 言葉の意味がわからないときや使い方に不安を感じるときは、翻訳アプリの辞書で調べてみてもいいでしょう

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中