このページの本文へ

iPhoneのスゴワザ! 第146回

iPhoneのブラウザー「Safari」でフルページスクリーンショットを撮る方法

2020年07月30日 10時00分更新

文● 金子麟太郎 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhoneユーザーの皆さんが普段お使いのブラウザー「Safari」で、フルページスクリーンショットという新機能が使えるようになったことをご存じでしょうか。

 フルページとはその言葉の通り、画面全体を記録するというもの。撮影したスクリーンショットのサムネイルが左下に表示されている時に、タップするとスクリーンショットを編集できます。

 すると「スクリーン」と「フルページ」の2項目を選択できるので、「フルページ」をタップすることで表示された部分だけでなく、ウェブページ全体をPDFとして保存できます。

左が「スクリーン」、右が「フルページ」の画面

 ちなみに「スクリーン」を選んだ後に保存すると、表示された部分だけしか保存されません。さらに時刻や電池残量といったアイコンも含めて記録されます。

 メッセンジャーやメールなどで相手にウェブページを送る際は、サイトの「URL」と「フルページのスクリーンショット」も添えてあげると丁寧かもしれませんね。

 なお、この機能はiOS 13以降のiPhoneで利用可能です。

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中