このページの本文へ

米軍が本気で取り組む 「心を読む機械」の現在

2020年07月14日 12時42分更新

文● Paul Tullis

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米軍は「心を読む機械」を真剣に実現しようとしている。目標は、考える速度でドローンを操縦することだ。米国国防先端研究計画局(DARPA)が1億ドルを投じるプログラムでは、脳コンピューター・インターフェイス(BCI)のさまざまな手法が試されている。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ