このページの本文へ

iPhoneのスゴワザ! 第143回

iPhoneの機内モードを飛行機以外でも活用する

2020年07月21日 10時00分更新

文● 金子麟太郎 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 映画館や会議など、着信や通知音をならしてはいけないシーンがあります。ですが、その度にiPhoneで個別にアプリの通知を切ったり、ミュートしたりといった作業は面倒です。

 そこでオススメしたいのが、iPhoneの機内モードを使う方法。機内モードは本来、飛行機に乗る際に使うモードとして用意されており、モバイル通信、Wi-Fi、Bluetoothなど一切の通信をシャットアウトします。これを利用して、一時的に着信や通知が来ないようにするのです。

 機内モードのON/OFFの切り替えは、コントロールセンターからアクセスすると便利です。iPhone 8以前の機種では、画面下部から上方向に向かってスワイプすることで、コントロールセンターを表示できます。iPhone X以降の機種では、画面の右上端から下方向に向かってスワイプすることで、コントロールセンターを表示できます。

 コントロールセンターを開いたら、Wi-FiマークやBluetoothのマークがまとめてあるボックスの中に飛行機のようなマークの機内モードボタンがありますので、それを押すことでON/OFFを切り替えることが可能です。

 ただし、機内モードがオンだと電話もネットも使えないので、用件が終わったら必ず元に戻すことを忘れずに!

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中