6月20日から順次発売

GIGABYTE、第3世代Ryzen対応のB550チップセットを搭載するマザーボード8製品を発表

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GIGABYTEは6月17日、第3世代AMD Ryzenプロセッサーに対応するAMD B550チップセット搭載のマザーボード8製品を発売すると発表した。国内正規代理店を通じて6月20日から順次発売する。

 ラインアップは「B550 AORUS MASTER」「B550 AORUS PRO AC」「B550 AORUS ELITE」「B550 VISION D」「B550I AORUS PRO AX」「B550M AORUS PRO」「B550M AORUS ELITE 」「B550M S2H」の8製品。

 B550 AORUS MASTERは、Direct 14+2デジタル電源フェーズ設計(70A Power Stage)で、Fins-Arrayヒートシンクと大口径ヒートパイプ、放熱性裏面ベースプレートを搭載するフラッグシップモデル。フォームファクターはATXで、予定価格は4万2000円前後。

 Ultra Durable PCIe 4.0 x16スロットや3連M.2スロット、デュアルチャンネルNon-ECC Unbuffered DDR4メモリースロット×4を装備するほか、Wi-Fi 6とBluetooth 5に対応する。インターフェースは、HDMI、2.5GbE LANポート、USB Type-C(USB 3.2 Gen2)などを備え、Q-Flash Plusボタンも装備する。

 B550 AORUS PRO ACは、12+2 デジタル電源フェーズ設計(50A DrMOS)の上位ゲーミングモデル。Fins-Arrayヒートシンク+大口径ヒートパイプを搭載し、デュアルチャンネルNon-ECC Unbuffered DDR4メモリースロット×4を備える。フォームファクターはATXで、予定価格は2万4000円前後。

 Ultra Durable PCIe 4.0 x16スロットと2連M.2スロットを備え、デュアルバンド802.11ac無線LANポートとBluetooth 4.2を搭載する。そのほか、HDMI、Q-Flash Plusボタン、2.5GbE LANポート、USB Type-C(USB 3.2 Gen2)などを装備する。

 B550 AORUS ELITEは、12+2デジタル電源フェーズ設計(50A DrMOS)のゲーミングエントリーモデル。大型ヒートシンクを搭載し、デュアルチャンネルNon-ECC Unbuffered DDR4メモリースロット×4を装備する。フォームファクターはATXで、予定価格は1万9000円前後。

 Ultra Durable PCIe 4.0 x16スロットと2連 M.2スロットを備えるほか、2.5GbE有線LANポート、DisplayPort、HDMIなどを装備する。

 B550 VISION Dは、12+2デジタル電源設計のクリエイター向けモデル。大型ヒートシンクを備え、デュアルチャンネルNon-ECC Unbuffered DDR4メモリースロット×4を搭載する。フォームファクターはATXで、予定価格は3万3000円前後。

 Wi-Fi 6に対応し、Ultra Durable PCIe 4.0 x16スロットや2連 M.2スロットを備える。そのほか、Thunderbolt 3対応予定のUSB Type-Cポート、2連GbE有線LANポート、Q-Flash Plusボタンなどを装備する。

 B550I AORUS PRO AXは、Direct 6+2デジタル電源フェーズ設計(90A Smart Power Stage)のゲーミングモデル。大型ヒートシンクと放熱性裏面ベースプレートを搭載し、デュアルチャンネルNon-ECC Unbuffered DDR4メモリー2スロットを装備する。フォームファクターはMini-ITXで、予定価格は2万2000円前後。

 Wi-Fi 6とBluetooth 5に対応し、Ultra Durable PCIe 4.0 x16スロットと2連M.2スロットを装備する。そのほか、2.5GbE有線LANポートやUSB Type-C(USB 3.2 Gen.2)ポート、DisplayPort、HDMI×2などを装備する。

 B550M AORUS PROは、10+3デジタル電源設計の上位ゲーミングモデル。大型ヒートシンクを搭載し、デュアルチャンネルNon-ECC Unbuffered DDR4メモリースロット×4を備える。フォームファクターはMicroATXで、予定価格は1万6000円前後。

 Ultra Durable PCIe 4.0 x16スロットと2連M.2スロットを装備するほか、Realtek 8118有線LANポート、DisplayPort、HDMI、USB Type-C(USB 3.2 Gen2)、Q-Flash Plusボタンを備える。

 B550M AORUS ELITEは、5+3デジタル電源設計のゲーミングエントリーモデルで、デュアルチャンネルNon-ECC Unbuffered DDR4メモリースロット×4を搭載する。フォームファクターはMicroATXで、価格は1万3000円前後。

 Ultra Durable PCIe 4.0 x16スロットと2連M.2 スロットを装備するほか、DVI-D、HDMI、Realtek 8118有線LANポート、USB Type-A(USB 3.2 Gen.1)、Q-Flash Plusボタンなどを備える。

 B550M S2Hは、5+3デジタル電源設計の汎用エントリーモデル。フォームファクターはMicroATXで、価格は1万2000円前後。

 M.2スロットを装備するほか、USB Type-A(USB 3.2 Gen1)、Realtek 8118有線LANポート、Q-Flash Plusボタン、PS/2ポート、DVI-D出力ポートなどを装備する。

過去記事アーカイブ

2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月