弥生、個人事業主のクラウド会計ソフト市場で5年連続シェアNo.1を獲得

ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 弥生は5月29日、MM総研が5月19日に発表した「クラウド会計ソフトの利用状況調査(2020年4月末)」において、個人事業主のクラウド会計ソフト市場のシェアNo.1を獲得したと発表。同利用状況調査におけるシェアNo.1獲得は5年連続となる。

 クラウド会計ソフトの利用状況調査(2020年4月末)は、個人事業主と平成31年(2019年)分の確定申告実施者を対象に、ウェブアンケート方式で実施したもの。調査期間は4月20日~27日。回答件数は2万980事業者。

 弥生が提供する個人事業主向けのクラウド会計ソフト「やよいの青色申告 オンライン」「やよいの白色申告 オンライン」は、スモールビジネス事業者のバックオフィス業務を支える「弥生シリーズ」のひとつとして「かんたん、あんしん、たよれる。」をコンセプトに2014年から提供を開始した。MM総研が2016年から開始した同調査において、毎年過半以上のシェアを維持し、個人事業主から安定した評価を得ているとのこと。

 会計ソフト利用者に占めるクラウド利用率は、クラウド会計ソフトの利用状況調査が開始された2016年は9.2%だったが、2020年は21.3%という結果で、年々上昇していることが判明した。弥生によれば、今後、政府による行政手続きのデジタル化の推進や、新型コロナウイルス感染症拡大を契機としたリモートワークの普及、新しい働き方の広がりなど、事業者を取り巻く環境変化の加速が予測されるという。

 弥生は「スモールビジネスの事業を支える社会的基盤(インフラ)として、日本の発展に能動的に貢献する」をミッションとして掲げ、市場をけん引する立場として、これからもバックオフィス業務の環境変化に対応した製品・サービスを提供し、日本経済の活性化に貢献するとしている。

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
09月
10月
12月
2017年
01月
02月
03月
04月
05月
07月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
03月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2015年
01月
02月
03月
06月
07月
10月
11月
12月
2014年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2013年
05月
10月
11月
12月
2012年
06月
07月
11月
12月
2011年
02月
09月
11月
2010年
01月
02月
03月
04月
05月
11月
12月
2009年
10月
12月
2008年
01月
04月
09月
2007年
01月
03月
05月
10月
11月