ハイエンドゲーミング用途からエントリーまで8モデルをラインアップ

GIGABYTE、AMD B550チップセットを搭載マザーボードを発表

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本ギガバイトは5月22日、AMD B550チップセットを搭載マザーボード新製品を発表した。

 AMD B550チップセットを搭載したマザーボードは第3世代AMD Ryzenデスクトップパソコン用プロセッサーに対応。正規代理店を通じて日本国内へ供給する。

B550 AORUS MASTER

 「B550 AORUS MASTER」はシリーズ最上位モデルとなるATXマザーボード。3連のM.2スロットや高音質オーディオ機能、Realtek 2.5GbE有線LANとWi-Fi 6対応無線LAN、USB 3.2 Gen.2 Type-Cポートなどの機能を備える。

B550 AORUS PRO AC

B550 AORUS ELITE

 ゲーミング向けATXマザーボードとしては、上位モデルとなる「B550 AORUS PRO AC」、エントリーモデルとなる「B550 AORUS ELITE」。MicroATXマザーボードでは上位モデル「B550M AORUS PRO」、エントリーモデル「B550M AORUS ELITE」を用意。さらにMini-ITXマザーボードの「B550I AORUS PRO AX」もラインアップ。

B550M AORUS ELITE

B550I AORUS PRO AX

 さらに、Thunderbolt 3を搭載したクリエイター向けATXマザーボード「B550 VISON D」や、汎用性が高くコストパフォーマンスに優れたMicroATXマザーボード「B550M S2H」が用意される。

過去記事アーカイブ

2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月