このページの本文へ

米国の宇宙開発を支え続けた ロシア製ロケットエンジン

Matthew Bodner

2019年12月02日 05時54分更新

記事提供:MIT Technology Review

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2000年から長きにわたって、軍事衛星やスパイ衛星の打ち上げをはじめとする米国の宇宙開発を支えてきた大型ロケットエンジン「RD-180」は、実はロシア製だ。しかし、最近になりようやく、米国製のロケットエンジンがRD-180に取って代わろうとしている。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ