このページの本文へ

iPhoneのスゴワザ!第83回

iPhoneでAirPods Proのノイキャンと外部音取り込みを切り替える方法

2019年11月18日 10時00分更新

文● 金子 麟太郎 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルのワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」は、周辺のノイズを消音してくれる「アクティブノイズキャンセリング」と、周辺の音を一時的に取り込む「外部音取り込みモード」の2種類が用意されています。

 今回は、それぞれのモードに切り替える方法を紹介します。

iPhoneの設定から切り替える

 まず、iPhoneの設定アプリを開き、「Bluetooth」をタップします。

 次にAirPods Proの項目右側に表示される「i」をタップします。

 「ノイズコントロール」という項目にある「ノイズキャンセリング」もしくは「外音取り込み」をタップすることで切り替えることが可能です。

AirPods Pro側で切り替える

 AirPods Proから「ノイズキャンセリング」と「外音取り込み」を切り替えるには、軸にある凹んだ部分を2本指でつまみます。軸に内蔵された感圧センサーが、指で押されたことを検知します。


筆者紹介:金子 麟太郎


 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。



■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中