このページの本文へ

Sandy Bridge世代のノートPCを安く延命してみる

2.8万円でイケる!Windows 7延長サポート終了前にSSD換装&Windows 10化

2019年11月15日 11時00分更新

文● 飯島範久 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コピーが終わったらHDDをSSDへ換装

 SSDへコピーが完了したら、続いてはHDDの換装だ。ThinkPad L520は幸いなことにネジを数ヵ所外すだけでHDDへアクセスでき、換装できる仕様になっている。HDDを外してSSDに付け替え、もとに戻すだけで換装は終了。かかった時間は10分程度だ。

PCの底面カバーのネジをドライバーで外したところ。手前の金属ケースで囲まれたものがHDD

SATAコネクターからHDDを外したところ

HDDについていた金属ケースを外して、SSDに装着。もとに戻せば換装は終了

HDDとSSDでどれぐらい速度が違う?

 SSDへ換装したら、マシンを起動してみよう。すると、これだけでもSSDに換装した恩恵を体感できるはずだ。元のHDDと換装した860 QVOとで、ストレージ速度テストソフト「CrystalDiskMark 6.0.2」とWindows 7の起動時間、Chromeの起動時間を計測してみた。

「CrystalDiskMark 6.0.2」でHDD(左)と860 QVO(右)をそれぞれ計測してみた。

 HDDはシーケンシャルリードが毎秒約68MB、シーケンシャルライトが毎秒約73MBとかなり遅かったが、SSDに換装したことでどちらも毎秒500MB超と大幅に速度が向上しているのがおわかりいただけたかと思う。また、ランダムアクセス速度も劇的に高速化している。

Windows 7とChromeの起動時間の結果。いずれも手動計測

 Windows 7とChromeの起動時間もご覧の通り、圧倒的に速度が改善したことがわかるだろう。おそらく、これまで作業しようとしていた時、その都度発生する待ち時間は一体何だったんだとショックを受けるに違いない。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中