このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

MSIが変える、未来のクリエイターを育てる教育環境第8回

プロを目指す学生に最適なMSIのノートPC「GP65 Leopard」

2019年11月01日 11時00分更新

文● 石川ひさよし 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MSIと言えば、国内におけるゲーミングノートPCのトップメーカーだ。PCショップはもちろん、量販店でも見かける機会が増え、とくに最近はゲームやデザイン系の学生から「うちの学校のPCと同じメーカーです」と聞く機会が増えた。MSIは一般ユーザー向けだけでなく、最近は専門学校をはじめとした教育機関へのPC納入も増えていると言う。

MSIのゲーミングノートPC「GP65 Leopard」

 ゲーム系の学校は自然な流れだが、デザイン系の学校がMSIのPCを選ぶ理由は、ゲーミングPCがCPU、GPUともにハイスペック構成になるためだ。デザイン、とくにグラフィックス分野は3Dだけでなく写真も静止画も映像も、高性能なPCを求めるニーズがある。

 一般的なモバイルノートPCやホーム向けPCでは統合GPUが用いられる。小型・軽量やコストパフォーマンスといった点が重視されるからだ。

 一方、ゲーミングノートPCはまず第一にパフォーマンスを重視する。そこで鍵となるのがディスクリートGPUだ。小型・軽量やコストパフォーマンスを重視するニーズではCPUに統合された簡易なGPU機能が利用される。一方、追加搭載する形のディスクリートGPUは、ゲームをはじめとした高い3D性能を実現できる。

 今回紹介するのは、MSIのGPシリーズ ゲーミングノートPC「GP65 Leopard」(以降GP65)だ。GPシリーズは「より多くのゲーマーが手にしやすい価格帯を実現するべく、機能とデザインを最適化したシリーズ」と定義されている。

 その15.6型ディスプレー搭載モデルがGP65で、2つあるラインナップのうち、GeForce GTX 1660 Tiを搭載するのが今回取り扱う「GP65-9SD-066JP」になる。

伝統的デザインよりもひと回り薄く小さなボディは
ゲーミング要素がやや薄め?

 伝統的なゲーミングノートPCは、パフォーマンスと引き換えに分厚く大きく重い筐体だった。デザインにしても「いかにもゲーム」といった外観だ。そうしたモデルもまだ存在するが、GP65はもっと普通のノートPCに近い厚み大きさ軽さ、そしてデザインをしている。

 15.6型サイズで2.33kgあるので、まだモバイルと呼ぶにはふさわしくないが、それでも一般的なバッグに収まり持ち運ぶことができる。

GP65の重量は2.33kg。GP65-9SD-066JPモデルは実測2.267kgだ

 フットプリントは357.7×248mm。今トレンドの狭額縁ベゼルを採用した液晶ディスプレーを用い、一昔前の15.6型ノートPCよりもぎゅっとサイズを縮小している。

 また、厚みは27.5mmあるので、デザインによるところもあるがスリムに見える工夫がされている。その意味では、伝統的なゲーミングノートPCの厚みを、ぎゅっと27.5mmまで圧縮したイメージになるだろうか。

本体サイズは357.7×248×27.5mm。フラット感のある同社モバイルノートPCに対し、本製品は伝統的なゲーミングノートPCをベースに現代のトレンドに合わせたデザインだ
ブラックにも近いダークだがガンメタリック的な塗装で高級感がある

 GP65の15.6型液晶ディスプレーは、ノングレアでフルHD表示に対応している。ゲーミングノートPCという点で、リフレッシュレートは一般的な60Hzではなく、より高速な144Hzに対応している。このため、ゲームプレイ中の映像のスムーズさはもちろん、普段のPC操作でもマウスカーソルの動きなどがより滑らかに感じられる。

15.6型、フルHD表示のディスプレー。左右と上のベゼルは狭額縁
リフレッシュレートは144Hz

 GP65には、HDMIとMini DisplayPortポートも搭載されている。映像制作をより快適にする手法としてマルチディスプレーを採用するユーザーも多いが、本製品もこの2つの映像出力端子を利用することで最大3画面出力に対応する。

HDMIとMini DisplayPortを搭載

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事
最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ