このページの本文へ

ナノチューブ・チップ実用化へ、MITが16ビットプロセッサー開発

2019年09月02日 06時57分更新

文● Martin Giles

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シリコンチップに比べて高速かつ消費電力が低いカーボンナノチューブのプロセッサーの実現に目途が立ってきた。MITの研究チームは、新たな手法を用いて、これまでに実証された中ではもっとも複雑とされる1万4000個以上のカーボンナノチューブ・トランジスターを搭載し、実際にプログラムを実行できる16ビットプロセッサーを開発した。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ