このページの本文へ

太陽の400億倍の質量、観測史上最大のブラックホール見つかる

Emerging Technology from the arXiv

2019年08月13日 13時11分更新

記事提供:MIT Technology Review

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

くじら座の銀河団の一員である「ホルム15A」の中心に、天体観測史上最大のブラックホールが見つかった。地球から7億光年の彼方にあるが、ブラックホールの初撮影に成功した「イベント・ホライズン・テレスコープ(EHT)」で撮影できる可能性が十分にある大きさだ。

Web Professionalトップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ