このページの本文へ

iPhoneのスゴワザ!第55回

iPhoneのバッテリーの状態を確認する方法

2019年07月22日 12時00分更新

文● 金子 麟太郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhoneの「電池持ちが悪いなぁ」と感じるときはありませんか? そんな時に確認したいのが、設定のなかにある「バッテリーの状態」という項目です。

 iPhoneの内臓バッテリーが最大でどれくらい充電できるのかを確認できるほか、バッテリーの状態も確認できます。

 iPhoneで「設定」を開き、設定一覧から「バッテリー」を選択します。

 バッテリー設定画面から「バッテリーの状態」をタップすることで、バッテリーの状態画面を表示できます。

 「最大容量」とは、iPhoneが新品時の時と比較したバッテリー容量の基準です。新品時の最大容量は100%で、経年劣化が進むにつれ最大容量が低下し、1回の充電で使用できる時間が短くなることがあります。

 なお、通常使用の場合はバッテリーのフル充電を500回繰り返した場合でも、最大80%を維持できるようになっているとのこと。

 iPhone 6以降の機種では、バッテリー性能の低下などによる突然のシャットダウンを防ぐためのパフォーマンス管理機能が搭載されています。この機能がオンになっているかを「ピークパフォーマンス性能」の項目で確認できます。

筆者紹介:金子 麟太郎


 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。



■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中