このページの本文へ

第3世代Ryzenにおすすめ!

B450マザー選びのポイントはM.2 SSDの2枚差しにあり!

2019年07月07日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

変わり種仕様B450マザーの
「ROG STRIX B450-F GAMING」

 続いては、2枚差し時にセカンドM.2スロットがPCI Express 3.0×4で動作する代わりに、ビデオカード用PCI Express ×16スロットの動作が×16からx8にダウンするASUS「ROG STRIX B450-F GAMING」だ。

 本来、B450チップセットはCPU側のPCI Express 3.0のレーンを×8+×8に分割できず、マルチGPU非対応になる。セカンドM.2スロットになるが、分割かつPCI Express 3.0 ×4動作を実現する、かなり変わり種なマザーボードと言える。

HWiNFO64でのシステム情報。NVMe M.2 SSDの2枚差し時は、GeForce GTX 1080 Tiが、PCI Express 3.0×8で動作

 ビデオカードが×16から×8動作にダウンすることで不安になるのは、ゲーミングパフォーマンスだが、メインストリーム向けチップセットで、マルチGPUを構築した際は×8+×8動作になることもわかるように、GPGPU用途のハードな使いかたでなければ、ビデオカードの帯域幅がボトルネックなることは少ない。

 「ROG STRIX B450-F GAMING」は、NVMe M.2 SSDの2枚差しだけでなく、ビデオカードの×16と、×8動作時のパフォーマンスをチェックしている。

「ROG STRIX B450-F GAMING」は
NVMe SSDの2枚差しも安心

 まずはNVMe M.2 SSDだが、メイン、セカンドM.2スロットともにPCI Express 3.0×4動作になるため、WD Black SN750 NVMe SSDのパフォーマンスをしっかり引き出している。

メインM.2スロットのCrystalDiskMarkとATTO Disk Benchmarkの結果
セカンドスロットの結果

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中