このページの本文へ

NASAが土星の衛星タイタンにドローン派遣、生命の謎解明へ

2019年07月01日 17時27分更新

文● Konstantin Kakaes

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米航空宇宙局(NASA)は、土星最大の衛星である「タイタン」の表面を自律型ドローンで探査するミッション「ドラゴンフライ」の採択を発表した。2026年に打ち上げ、「氷の火山」や生命の痕跡の有無などを調査する予定だ。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ