このページの本文へ

皮も改善している:

餃子の王将「にんにくゼロ生姜餃子」

2019年06月26日 16時30分更新

文● モーダル小嶋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 王将フードサービスが運営する「餃子の王将」は、「にんにくゼロ 生姜餃子」を7月8日から順次販売します。価格は東日本(東北・関東・信越 ※静岡県の沼津店を含む)で240円、西日本(北陸・東海{清水店以西}、関西・四国・九州 ※長野県の飯田店を含む)で220円。いずれも税抜。

 餃子の王将は2016年、看板商品である餃子を顧客のニーズに合わせてアレンジ・開発した「にんにくゼロ餃子」を販売。今回は、にんにくゼロ餃子をより進化させたとうたいます。

 高知県産を中心とした国産100%のショウガを、通常の餃子のおよそ2倍使用したほか、ショウガの香りと味を引き出し、焼き上げる際に均等に熱が伝わるように皮の厚さなどの仕様を工夫。さらに「あん」の具材仕様も改良し、ショウガの辛みがほどよく広がる、口当たりのまろやかな餃子になっているとのこと。



■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

カテゴリートップへ

ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!