このページの本文へ

中東襲った「殺人」マルウェア、米国・アジアの電力会社に照準か

2019年06月21日 06時55分更新

文● Martin Giles

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2017年に中東の石油化学プラントを操業停止に追い込んだマルウェア「トリトン」を操るハッキング集団が、米国やアジアの電力会社をターゲットとして調査を進めていることが明らかになった。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ