このページの本文へ

トランプ支持者にも変化あり 米国の「保守」が 気候変動を認め始めた理由

2019年06月11日 06時49分更新

文● James Temple

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

これまで地球温暖化に対して懐疑的な姿勢を貫いてきた米国保守派が、一転して、気候変動問題を認め始めている。保守系の非営利団体シンクタンクに気候変動対策のアプローチについて考えを聞いた。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ