このページの本文へ

中国の遺伝子編集ベビーに「短命」の可能性が浮上

2019年06月05日 06時51分更新

文● Antonio Regalado

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

中国の研究者が昨年誕生させた「遺伝子編集ベビー」について、新たな研究結果が発表された。ある研究者が「UKバイオバンク」に登録されている人々の遺伝子情報を調べたところ、同様の遺伝子変異を持つ人々が短命であることが分かったという。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ