このページの本文へ

炭素回収こそ人類を救う道、 挑み続ける開拓者の20年

James Temple

2019年05月15日 06時56分更新

記事提供:MIT Technology Review

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

20年前に素粒子物理学から二酸化炭素を大気から回収するテクノロジーの研究に転じたクラウス・ラックナー教授の考えは、ようやく世間から認められつつある。ラックナー教授は、二酸化炭素回収技術を確立しなければ、地球温暖化により人類は深刻な危機に瀕すると主張している。

Web Professionalトップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ