このページの本文へ

脳信号を音声に変換、UCSF研究チームが新アプローチ

2019年05月08日 12時46分更新

文● Antonio Regalado

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

人間が発話するときの脳の活動を記録し、記録した信号から合成音声を作り出す埋め込み型の機器をカリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)の研究者チームが開発した。実験ではこれまでにない正確さで発話の内容を確認できたという。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ