このページの本文へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第89回

Azureにおける新元号「令和」対応の情報

ハノーバメッセ、NAB Showで発表されたAzureアップデートを一挙解説

2019年05月04日 07時00分更新

文● 佐藤直生 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Azure Functions:Premiumプラン

 Azure Functionsは、サーバーレスアーキテクチャのFaaS(関数サービス)です。

 Azure Functionsの料金プランには、これまで、次の2つの選択肢がありました。

  • 秒あたりのメモリ使用量と関数の実行回数に応じて料金が発生する、Azure Functionsの「従量課金プラン」
  • 「App Serviceプラン」の料金が発生する、Azure App Serviceの「App Serviceプラン」の中での関数の実行

 今回、Azure Functionsで、「Premiumプラン」のパブリックプレビューが始まりました。西日本リージョンを含む一部のAzureリージョンで、利用可能です。

 Premiumプランでは、次の特徴を備えています。

  • スケーリング制御(インスタンスサイズ、最小/最大インスタンス数)が可能であり、負荷に対して自動的にスケーリングされます。
  • 事前ウォーミングされたインスタンスによって、アイドル状態の後に遅延なしに関数を実行できます。
  • パフォーマンスが向上し、仮想ネットワーク(VNet)接続もサポートされています。
  • 秒あたりのvCPU使用量、メモリ使用量に応じて、料金が発生します。

 詳細は、次のページをご覧ください。

Azure Functionsの従量課金プランとPremiumプランの比較

Azure App Service:Windows Server 2019コンテナー

 Azure App Serviceは、Webアプリ、Web API、モバイルバックエンドをホストするためサービスです。

 2018年8月に、Azure App Serviceで、Windowsコンテナーのサポートがパブリックプレビューになっていました。この時点では、Windows Server 2016コンテナーがサポートされていました。

 今回、Azure App ServiceのWindowsコンテナーサポートで、新たにWindows Server 2019コンテナーがサポートされました。東アジアリージョンを含む一部のAzureリージョンで、利用可能です。

 なお、Azure App ServiceのWindowsコンテナーサポートは、引き続きパブリックプレビューです。

Azure API Management:4月4日のアップデート

 Azure API Managementは、既存のAPIに対するAPIゲートウェイのサービスです。

 3月22日のアップデートに続いて、Azure API Managementの4月4日のアップデートがリリースされました。

Azure DevOps:Analytics Service

 Azure DevOpsは、Azure Pipelines(CI/CDパイプライン)、Azure Boards(作業追跡ツール)、Azure Artifacts(パッケージ生成/共有)、Azure Repos(プライベートGitリポジトリ)、Azure Test Plans(テストソリューション)で構成される、開発チーム向けのサービスです。

 Azure DevOpsの「Analytics Service」で、ダッシュボードの分析ウィジェット、製品内のエクスペリエンスでの分析機能が、GA(一般提供)になりました。

 Analytics ServiceのPower BI統合、ODataエンドポイントは、引き続きプレビューです。

Azure DevOpsのAnalytics Serviceが提供する、ベロシティウイジェット

SpinnakerがAzureをサポート

 Spinnakerは、オープンソースのマルチクラウドCD(継続的デリバリー)プラットフォームです。

 Spinnaker 1.13で、Azureへのデプロイがサポートされました。まずは、VMイメージのデプロイのシナリオがサポートされています。

Azure Portal:4月のアップデート

 Azure Portalは、WebベースのAzureの管理コンソールです。

 3月のアップデートに続いて、Azure Portalの4月のアップデートがまとめられています。今回のアップデートでは、Azure Managed Disksの作成エクスペリエンス向上、Azure Virtual MachinesのVM名でのASCII以外の文字の使用などの新機能があります。

Azure Virtual MachinesのVM名でのASCII以外の文字の使用

この連載の記事