このページの本文へ

暗号通貨の不正採掘、総額5000万ドル超で「ぼろ儲け」か

2019年04月22日 12時55分更新

文● Emerging Technology from the arXiv

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

他人のデバイスの処理能力を盗んで暗号通貨を採掘する「クリプトジャッキング」が流行しているとされているが、その規模や仕組みについてはあまり分かっていなかった。スペインの研究者らは暗号通貨採掘マルウェアを分析することで、この種の犯罪による収益が5000万ドルを超えることを見い出した。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ