このページの本文へ

土星の衛星タイタンに深い湖、カッシーニ探査機のデータから判明

2019年04月18日 07時46分更新

文● Erin Winick

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米航空宇宙局(NASA)の土星探査機「カッシーニ(Cassini)」の観測データにより、土星の最大の衛星タイタンにメタンで満たされた小さく深い湖がいくつかあることが明らかになった。

タイタンは太陽系の中で、その表面に液体の存在が確認された、地球以外の唯一の天体である。しかしタイタンの場合は、水循環ではなくメタンやエタンの循環が起こっている。

研究者たちは、カッシーニ探査機が2017年に実施したフライバイ(近傍通過)のうちの1回で収集したレーダー・データを使用した。研究チームは、すでに確認されている北に位置する規模の大きな海に加えて、タイタンのいくつかの小さな湖もまたメタンで満たされており、少なくとも1つの湖は100メートルを超える深さであることを発見した。さらに、周期的に液体が満ちたり、干上がったりする「幻の湖」の存在も研究チームによって明らかになった。

もう1つ驚くべきことは、こうした規模の小さい湖が、丘や台地の高地で見つかっていることだ。「新しい発見をするたびに、タイタンはますます謎めいていきます」。論文の主執筆者であるカリフォルニア工科大学のマルコ・マストロジュゼッペ博士はプレスリリースでそう述べた。「しかしこうした新たな観測が、いくつかの重大な問題を解く助けになります。実際に今私たちは、タイタンの水文学(すいもんがく)を一層理解できています」。この研究の論文は4月15日付けで、ネイチャー・アストロノミー(Nature Astronomy)に掲載された。

タイタンの湖の独特な形状と深さは、氷と固体有機物でできた岩盤が化学作用で溶解し崩れた際に形成されたと考える根拠を提供している。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ