このページの本文へ

ロボットの「AI化」を加速 UCバークレー発ベンチャー 格安プラットフォーム量産へ

2019年04月18日 06時55分更新

文● Will Knight

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

カリフォルニア大学バークレー校の研究チームが、人工知能(AI)実験用のプラットフォームとなり、実質現実(VR)ヘッドセットを使って制御できる最新型のロボット・アームを開発した。同校のライセンス提供を受けたベンチャー企業がこのロボットを量産化し、安価に提供することで、ロボットのAI化を加速させる考えだ。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ