このページの本文へ

設定内容の遠隔管理が可能なeSIM

NTT Com、グローバルなIoT通信サービス「IoT Connect Mobile」

2019年04月09日 17時05分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
サービス提供イメージ

 NTTコミュニケーションズは4月9日、日本を含むグローバル環境でIoT機器を利用できるモバイル通信サービス「IoT Connect Mobile」を発表。4月15日より提供開始する。

 複数のモバイルキャリアと接続することによって、日本を含む世界196ヵ国/地域におけるモバイル通信の利用を可能とするIoT向けサービス。日本のMVNOとして初めてeSIMによる遠隔からのプロファイル書き換え技術を商用化、SIMの通信プロファイルの設定内容を遠隔から管理できるため、運用中のIoT機器のプロファイルをより安いモバイルキャリアに切り替えることや、法制度上ローミングが規制されている国においてローミングではなく現地モバイルキャリアの利用を行なえるなど、柔軟な対応が可能となる。

回線の休止や再開、通信容量変更などのコントロールが可能なウェブポータルを提供

 また、eSIMを組み込んだIoT機器を工場から出荷する際、あらかじめ利用する国に合わせた設定が不要というメリットがある。サービス提供するSIMには、取り外し可能な「Plug-inタイプ」に加え、振動耐性・衝撃耐性に優れた組み込み用の「Chipタイプ」の2種類が選択可能(いずれも温度耐性や書き込み耐性を強化したインダストリアルグレードも選択できる)。

利用環境や用途に合わせ、SIMのタイプやグレードを選択可能

 NTT Comのグループ会社であるTransatelが有するアジア、北米、欧州の3つのゲートウェイを活用し、利用者から最も近い設備を経由することで遅延を抑えた高品質な通信を実現。月額のデータ通信料金は、容量に応じた従量課金制としており1MBあたり1円から利用できる(別途初期費用が必要)。

カテゴリートップへ

ピックアップ