このページの本文へ

止まらない負の連鎖、米警察の「不正データ問題」が問うAI社会の闇

2019年02月21日 12時59分更新

文● Karen Hao

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米国の警察が使っている予測型取り締まりシステムの多くが、差別による不当逮捕などを含む過去のデータを用いて訓練されていることが明らかになった。中には意図的なデータの改ざんや操作も見られ、差別を継続させるだけでなく、それに基づく新たなデータを生み出す悪循環になる可能性がある。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ