このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

約19時間駆動であなたのモバイルライフを強化

dynabookでIGZO、約859gで薄型かつタフボディーのモバイルノートPC

2019年02月21日 07時00分更新

文● 柴田尚 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
dynabook G7

  Dynabookが販売する「dynabook G7」(ウェブオリジナルモデルは「dynabook GZ73/M」)は、13.3型フルHDディスプレーを搭載したモバイルノートパソコン。重量はわずか約859g、バッテリー駆動時間はカタログスペック(JEITA バッテリ動作時間測定法Ver.2.0)において約19時間を誇っている。

 基本的なスペックは、CPUがCore i7-8550U(1.80GHz)、メモリーが8GB、ストレージがPCIe対応256GB SSDとなっており、メインマシンとしても使えるほど高い。今回は、dynabook G7の外観について紹介する。

シャープ製IGZOディスプレーとマグネシウム合金による薄型&タフボディー

オニキスブルーでフラットなボディはシンプルで美しい

 試用機のdynabook G7のボディカラーはオニキスブルー。閉じた状態での外観は、底面にゴム製の足があるだけというほぼフルフラットな形状。カバンから出し入れする機会の多いモバイルマシンは、こうしたシンプルなデザインのほうがうれしい。

底面もゴム足以外はほぼフラットな作り

 マグネシウム合金製の天板には、薄くヘアライン加工がなされているので、美しさもあわせ持っている。サイズはおよそ幅308.8×奥行き211.6mmと、A4より少し大きい程度。加えて、高さは17.9mmと薄い。

前へ 1 2 次へ

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

インテルバナー