このページの本文へ

編集部ピックアップの人気SIMフリースマホ全紹介! 【2019年初頭編】第1回

ゲーミングスマホやスライド式カメラのような個性派も

グーグルPixelか、ファーウェイMate 20 Proか! 人気SIMフリースマホ全紹介【ハイエンド編】

2019年01月27日 12時00分更新

文● ドロイドさん(アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

横幅70mmを切ったコンパクトさも魅力の最新グーグルスマホは
おサイフケータイにも対応! 「Pixel 3」

 国内には久々の登場となったグーグルスマホは、ドコモ/ソフトバンクとともにSIMフリーでも発売。発売後の一定期間、最新バージョンのAndroidがいち早く用意される点は最大の魅力と言える。後述する「Pixel 3 XL」に対し、「Pixel 3」は18:9の5.5型有機ELで、横幅が68.2mmに抑えられているコンパクトさも魅力の1つ。片手で使える高性能機を求めるユーザーにとっても注目の1台だろう。

片手に収まるコンパクトサイズという点がうれしい「Pixel 3」

 64GBモデルで9万5000円、128GBモデルで10万7000円という価格だけあって、性能面でもハイエンド級。CPUはSnapdragon 845。カメラはシングルの12.2メガだが、ソフトウェアに強いグーグルらしく、AIを活用することで、背景のキレイにボカすポートレートモードや夜景モードの美しさも売りの1つ。

カメラはシングルだが、AIの力で高画質・高機能を実現。おサイフケータイも利用できる

 同社はGoogle Payに力を入れているだけに、国内仕様ではFeliCaを搭載。モバイルSuicaを始めとしたおサイフケータイの各種アプリが利用可能。防水・防塵にも対応している。

 メインメモリーが4GBとやや少なめなのと、外部ストレージ非対応。さらにシングルSIMなのでDSDSも利用できないなど、SIMフリー機として見ると、やや弱い部分もあるが、グーグルが進める最新Androidを使いたい人はもちろん、シンプルな内容ゆえAndroidスマホが初めてという人にも実は勧めやすい1台だ。

6.3型有機EL搭載の上位モデル「Pixel 3 XL」
12万円近い価格がウィークポイント!?

 Pixel 3シリーズの大画面モデルで、6.3型有機ELを搭載。画面解像度がQWHD+(1440×2560ドット)になったほか、18.5:9のノッチ付きとなっている。

より大型の「Pixel 3 XL」。6.3型有機ELで、大型のノッチも付いている

 ただ、それ以外のスペックではPixel 3とほぼ共通。クリアリーホワイト/ジャストブラック/ノットピンクという3色のカラバリも同じだ。

Pixel 3シリーズにはノットピンクというちょっと変わった名称のカラバリも用意されている

 一方で弱点と言えるのは価格。64GBモデルで11万9000円、128GBで13万1000円と、ハイエンドのAndroidスマホを上回り、iPhone XSとほぼ同じ。最新AndroidやFeliCaなどのメリットをどう判断するかとなりそうだ。

Leicaトリプルカメラに最新CPU、3D顔認証など、
SIMフリースマホの最高級機「HUAWEI Mate 20 Pro」

 国内SIMフリースマホをリードしてきたファーウェイ。さまざまな価格帯の端末をリリースしているが、HUAWEI Mate 20 Proは文句なしのハイエンド機。昨夏のHUAWEI P20 Proはドコモのみの発売だっただけに、その点でも待望の1台と言える。

ラウンドフォルムの採用で美しく、持ちやすいデザインも魅力の1つ

 注目の機能は、やはり何と言ってもLeicaトリプルカメラ。HUAWEI P20 Proに続く搭載となるが、本機では新たに16mm相当という超広角に対応。観光地での壮大な自然や建築物、集合写真などで大いに威力を発揮しそうだ。

16mm相当という超広角でスマホでの撮影がさらに楽しくなりそう

 基本スペックももちろん高く、6.39型有機EL(1440×3120)という高精細な大画面ディスプレーを採用しながら、19.5:9という縦長により、横幅は72.3mmに抑えられている。ノッチ部にはインカメラのほかに3次元感知カメラを搭載し、3Dでの高精度な顔認証に対応する。指紋センサーもあり、こちらはディスプレー内蔵型。

画面内に指紋センサーが内蔵されている

 CPUは最新のKirin 980で6GBメモリー、128GBストレージを装備。OSも最新のAndroid 9。外部ストレージも追加可能だが、NMカードという独自仕様となっている。

 SIMフリーのほかにソフトバンクからも発売される同機だが、しっかりDSDVに対応し、3キャリアのVoLTEが利用可能(auはバージョンアップで対応予定)。4200mAhとバッテリーも大容量。防水防塵にも対応する。

 おサイフケータイに対応しない点のみが若干残念だが、文句なしで最強クラスのSIMフリースマホだろう。

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン