このページの本文へ

iPhoneのスゴワザ! 第14回

iPhoneのSpotlight(スポットライト)検索機能を活用しよう!

2019年01月16日 14時00分更新

文● 金子 麟太郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Spotlight(スポットライト)検索機能を利用することで、iPhoneに保存されているアプリケーション、音楽、動画などのコンテンツ、メールやメッセージ、連絡先などのデータを、特定のキーワードで一括検索することが可能です。また、ウェブ検索もできます

Spotlight検索画面を表示する

 iPhoneのアプリケーションが並ぶ画面で、画面の上から下に向かってスワイプします。すると、Spotlight検索画面が表示されます。

 検索バーに任意のキーワードを入力することで、そのキーワードに関連する内容を一括検索することが可能です。

 iOS 6以前のバージョンを搭載するiPhoneの場合、ホーム画面で左から右に向かってスワイプすることで、「Spotlight検索」画面を表示できます。

入力したキーワードでウェブ検索をする

 入力したキーワードでウェブ検索やマップ検索をしたい場合は、画面をスクロールし、検索結果画面最下部にある「Webで検索」または「Wikipeiaで検索」をそれぞれタップします。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中