このページの本文へ

優生学への新たな扉を開く「社会ゲノミクス」が果たすべき責任

2018年12月21日 16時38分更新

文● Nathaniel Comfort

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

遺伝子データを利用して社会や経済の問題を解明しようとする研究分野である「社会ゲノミクス」が、急成長している。だが、かつて遺伝学に基づいた悪意のある優生学が犯した過ちを繰り返さないためにも、科学者は研究が社会にどんな影響を与えるかを推し量り、道義的な責任を果たす必要がある。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ