このページの本文へ

セキュリティ対策に新潮流、「教師なし」機械学習で内部不正検出

Karen Hao

2018年11月20日 06時12分更新

記事提供:MIT Technology Review

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

英国の情報機関出身者らが創業したサイバーセキュリティ企業は、教師なし学習の手法を用いて、情報漏洩などの内部不正を発見するアルゴリズムを開発している。一般によく用いられている、教師あり学習を用いた不正侵入検知アルゴリズムの弱点を補完するものだ。

Web Professionalトップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ