このページの本文へ

末岡洋子の海外モバイルビジネス最新情勢 第210回

AndroidでのEUとグーグルの対決 制裁で検索シェアに動きは起きるのか?

2018年11月04日 12時00分更新

文● 末岡洋子 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Google製アプリにライセンス料を導入
Androidを無料にするために必要と主張

 7月のECの判定から90日以内に是正措置を取らなければ罰金だ。期限ギリギリでGoogleが出した是正策が“課金”である。Googleは次の3つの点を変更することをECに告げたという。

【1】メーカー各社と結ぶ合意を変更し、Googleアプリを配布したいメーカーも互換性のない(=フォーク)スマートフォンやタブレットを欧州経済領域向けに開発できる。

【2】メーカーはGoogle Searchアプリ、またはChromeとは別に、Googleのモバイルアプリ群をライセンスできる。

【3】Google SearchアプリとChromeを別途ライセンスする。

 2つ目の項目について、もう少し詳しく説明すると、「Google SearchとChromeを他のGoogle製アプリとセットで、メーカーにプリインストールしてもらうことで得られた収入(検索広告)を、Androidの開発にあてることで、Androidを無料で提供できていた」のだから、その抱き合わせはNGなのだというのなら、Google製の各アプリだけをプリインストールできる、新たな有料ライセンスを導入するとしている。やはり欧州経済領域で出荷されるスマートフォンとタブレットが対象だ。そして、Androidそのものは継続して無料かつオープンソースで提供するのだという。

 Googleは有料ライセンスの詳細について明かしていないが、「ドキュメントを入手した」というThe Vergeによると、ライセンス料金は、国と端末の画面のPPI(画素密度)により異なるという。

 その国とは、3つのティアに分かれており、英国/オランダ/ドイツ/スウェーデン/ノルウェー(ノルウェーはEUではないが、欧州経済領域には入っている)の5ヵ国が含まれるティアでは、Googleのモバイルアプリスイートのライセンス料金は、500ppi以上の場合は40ドル(1台あたり)、400~500ppiでは20ドル(同)、400ppi以下は10ドル(同)とのこと。The Vergeによると、国のティアによっては、ライセンス料金は1台あたり2.5ドルまで下がるようだ。

 これだけではない。Chromeを事前インストールしない/ホーム画面のドックに表示させないメーカーは、Google検索の売り上げのシェアがされないなどの細かな条件もある模様(https://www.theverge.com/2018/10/19/17999366/google-eu-android-licensing-terms)。

欧州圏では米国や日本と比べてもAndroidのシェアが高い。写真はスペインのショップでトップ10がすべてAndroidスマホだった

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン