このページの本文へ

進歩する遺伝子検査で浮上する「人種間格差」問題

2018年10月22日 09時57分更新

文● Antonio Regalado

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

遺伝子検査の新しい手法である「多遺伝子リスクスコア」は、従来より高い精度で疾患のリスクを予測できるとして注目されている。だが、リスクスコアを算出するアルゴリズムの作成に用いたDNAデータベースに偏りがあるため、白人以外には高精度の判定が期待できない。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ