このページの本文へ

自動運転版グーグル・マップ ウーバー運転手の「副業」で 覇権狙うベンチャー企業

2018年10月18日 09時36分更新

文● Elizabeth Woyke

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

完全自律運転の実現に必要とされる高精度3Dマップで覇権を狙う米国のスタートアップ企業がある。ウーバーやリフトといった配車サービスのドライバーと契約し、どこよりも早く世界中の都市を網羅した地図データをサブスクリプション・モデルで提供するという。将来はグーグル・マップのように個人の開発者に提供することも視野に入れているというが、地図会社に勝ち目はあるか。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ