このページの本文へ

約40日間熟成させた自信作

セブン「熟成肉の牛丼」旨みを大幅にアップ

2018年10月16日 12時00分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 セブン-イレブンは「熟成肉の特製牛丼(アンガス種牛肉使用)」を10月16日から全国の店舗で順次発売します。398円。

 熟成させることで肉の旨みを最大限に引き出したという牛丼商品。 

 アンガス種100%の牛肉を使用。約40日間熟成することで、アミノ酸などの旨み成分を現行商品と比較して約1.7倍まで向上させたとのこと。

 牛肉は専用工場で加熱直前にスライス。塩分を控えつつも1枚1枚短時間で炊き上げることで、肉の旨みとやわらかさを十分に感じられるそう。

 容器は、加熱後に中皿を外す際に蒸気が直接手にあたりにくい構造に変更。盛り付けやすさも考慮しているそうです。



■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

カテゴリートップへ

ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!