このページの本文へ

シャープ、液晶テレビ「AQUOSポータブル」3機種が発売

2018年08月27日 17時30分更新

文● 上代瑠偉/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
2T-C16AP-W(上),2T-C12AP-B(左下),2T-C12AF-W(右下)

 シャープは8月27日、テレビを観たいときに好きな場所へ手軽に持ち運び、いつでも好きなスタイルで楽しめるという液晶テレビ「AQUOSポータブル」3モデルを発表した。価格は4万8600円前後から。

 モニター部とチューナー部が分離しているので、キッチンやお風呂、ベッドサイドなどで好きな場所へ持ち運んで、テレビや内蔵のハードディスクに録画した番組を鑑賞可能。

 片手で持ち運べる軽量設計で、観たいときに最適な角度で設置できるという「スリムハンドルスタンド」や、広視野角や高精細液晶パネル、選局・音量調整などの操作が簡単なタッチパネルなどを搭載。

 AIoTクラウドサービス「COCORO KITCHEN」アプリも搭載(2T-C16AP/C12AP)しているので、当社の調理家電「ウォーターオーブン ヘルシオ」「ヘルシオ ホットクック」と連携できる。大画面でヘルシオやホットクックのレシピを見ながら料理の下ごしらえができ、機器の調理設定や料理キット宅配サービス「ヘルシオデリ」の注文が簡単にできるほか、防水・撥水対応なので手が濡れていても操作が可能。

 「2T-C16AP」は16V型で、内蔵HDDは500GB(チューナー部)。モニターのサイズは幅38.8×奥行き17×高さ24.3cmで、重量はおよそ1.36kg。価格は8万6400円前後。「2T-C12AP」は12V型で、内蔵HDDは500GB(チューナー部)。モニターサイズは幅30.7×奥行き13.8×高さ19.7cmで、重量はおよそ0.97kg。価格は7万200円前後。「2T-C12AF」は12V型で、モニターサイズは幅30.4×奥行き10.1×高さ20cmで、重量はおよそ0.91kg。価格は4万8600円前後。カラーはそれぞれブラックとホワイトから選択可能。

カテゴリートップへ