このページの本文へ

セイコーソリューションズのタイムスタンプサービスを同国で展開開始

Planetway、エストニア共和国の電子政府を支えるデータ連携基盤の提供へ

2018年08月22日 18時45分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「PlanetCross」

 Planetway Japanは8月22日、セイコーソリューションズと共同でエストニア共和国の電子政府を支えるデータ連携基盤に向けた個人情報を安全に交換できる仕組みの販売事業を進めると発表した。

 Planetwayでは、エストニア共和国の国民番号制度を支えるデータ連携基盤「X-Road」をもとにしたサービス「PlanetCross」を提供しており、企業の既存システムやデータベースを活かしながら適用領域を広げることを可能としている。

 今回、セイコーソリューションズのタイムスタンプサービスをPlanetCrossと組み合わせて展開。正確で信頼された第三者証明付き時刻データをデータに付与することで、存在日時証明と非改ざん証明を行なうことが可能とするもの。両社は9月より病院/保険/ヘルスケア領域に対するソリューションの提供を開始するとしている。

カテゴリートップへ

Planetway Story

製品別検索

PlanetCross

PlanetID

事業別検索

PlanetGUARDIANS

PlanetECO