このページの本文へ

ディープマインド、50以上の眼病をAIで画像診断

Erin Winick

2018年08月15日 12時00分更新

記事提供:MIT Technology Review

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

眼病を94.5%の精度で見つけられる人工知能(AI)がすばらしいのは、診断根拠を説明できることだ。

長い間、AIで課題となっているのがブラック・ボックス問題だ。 ブラックボックス問題とは、何を基にしたのかを説明せずに、結果を吐き出すというアルゴリズムの傾向を指す。そのため、偏見の排除が難しい可能性がある。

ネイチャー・メディシン誌に掲載された論文では、ディープマインド(DeepMind)の研究者が、50種類以上の病気を特定し、専門医に助言するAIシステムについて書いている。もっとも重要なことは、医用スキャンのどの部分が診断結果につながったを示すことだ。

今後、医学分野におけるAI利用を促進するのであれば、「説明できること」は必要不可欠だ。「医師や患者は、ブラック・ボックスが示す単なる病名が聞きたいのではなく、診断の根拠を知りたいのです」とマサチューセッツ工科大学(MIT)ラメシュ・ラスカー准教授はスタットに語っている。「専門家が適切だと認め広く使われている治療法、標準治療というものがあります。AI技術が標準治療に沿っていなければ、医師や患者は不快に感じるでしょう」。

Web Professionalトップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ