このページの本文へ

ポタ研 2018夏 第2回

ポタ研 2018夏で見つけた新製品

2018年07月08日 01時00分更新

文● 小林  編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

静電ツィーターをイヤフォンに詰め込んだ「FitEar EST Universal」

 FitEarのブースでは、全域を担当するBA型に加えて、静電型ツィーターを搭載したハイブリッド型IEM「FitEar EST Universal」が展示されていた。静電型ユニットは一般的に、高電圧を供給できるアンプが必要だが、この製品では非常に小型な昇圧トランスをイヤフォン内部に入れることで、普通のイヤフォン同様、プレーヤーのイヤフォン出力につなぐだけで再生できてしまう。技術的に見ても注目すべきもので、日本で販売されている製品では初ではないだろうか。

FitEar EST Universal

 7月7日発売で、実売価格は14~15万円程度とのこと。行列が絶えない人気ぶりだった。現状ユニバーサルタイプのみだが、カスタム版の発売も楽しみだ。

近日クラウドファンディング開始予定、骨伝導イヤフォン

 CCCのGREEN-FUNDブースでは、EarsOpenの骨伝導イヤフォン第2弾の試作機を見せてもらえた。3Dプリンターで作ったばかりとのこと。耳かけタイプとなりより装着性がよくなるという。写真のように耳の後ろ側の部分が振動して音を伝える。ブラッシュアップのうえ、近くファンディングが開始されるとのことなので楽しみに待とう。

EarsOpenの骨伝導イヤフォン試作機

こちらはすでに販売済みの従来製品

米国の新進ブランドInEarzは耳にやさしい?

 新進ブランドのイヤフォンとして登場したのがInEarzの「ZEN 2」「ZEN 4」そして「Euphonia」「Nirvana」だ。最初の2つは近く国内販売が開始される。

Nirvana

 ハウジング部に、何となく見覚えがあるような特徴のあるパーツが付いているので質問してみたところ、ADELテクノロジーのためのパーツだという。見覚えがあったのも当然でカスタムIEMで有名な64AUDIOなども使っているからだ。何のための部品かというと、密閉型イヤフォンの内部でドライバーが動作することで生じる空気圧を受け止めるためのフィルターである。

 このパーツがあることで、音の広がり感や忠実な音楽再生ができるといったメリットがあるが、もうひとつアピールされているのは鼓膜に過度な空気圧がかからないため耳にやさしいという点だ。ベンチレーションと役割が似ているように感じるが、空気を抜くための穴はあけない。

 ハイエンドのNirvanaは20万円近くとかなり値が張るが、2BAのZEN2であれば5万円台程度で購入できるとのこと。

 FiiOは新イヤフォンの「FH5」を参考展示。これは4月末のヘッドフォン祭でも披露していたが、今回BluetoothケーブルとFH1を組み合わせた「RC-BT with FH1」の展示もしていた。正式アナウンスを待て。

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画