「VAIO S13」「VAIO Pro PG」が周波数免許不要のLTE通信認定を取得

文●まぶかはっと/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

VAIO S13

 VAIOは6月18日、「VAIO S13」、「VAIO Pro PG」に搭載しているLTEモジュールが、周波数免許不要で使用できる1.9GHz帯LTE(sXGP)に対応するものとして、電波法および電気通信事業法が定める認定取得を発表した。

 この通信方式は、2017年10月1日に効力を発した電波法改正より、総務省が周波数免許不要でLTEを使用できる周波数を解放したもの。同社は2017年9月発売モデルのモバイルパソコンに幅広い周波数帯に対応するLTEモジュールを選定していたため、今回の認定につながったとのこと。認定では、モジュールのメーカーであるTelit Wireless Solutionsの協力があったという。

 同社は、この通信方式をWi-Fiの代替としてオフィスでの無線ネットワーク構築に利用しVAIO PCと共に用いることで、LTE技術によるセキュアで高品質な通信、カバーエリアの広い基地局を生かした低コストな広域ネットワークを実現するとしている。

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
10月
11月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2017年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
03月
04月
05月
07月
08月
10月
11月
12月
2015年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
12月
2014年
07月
08月
09月
10月
11月
12月